アニメイGa!

アニメ・映画・ゲーム等について、好きなものを紹介。

アルフ シーズン4 第6話 奇妙なストレス解消法

      2018/07/26

綿をくれ!綿をワタせ!家中の綿という綿を食べずにはいられない奇妙な発作に襲われたアルフ。タナー家はすっかりお手上げ状態。

アルフの綿中毒回。

アルフ「お口の匂い消しは?」
リン「忘れちゃった」
アルフ「いいけど迷惑するのはそっちなんだよ、はぁ~」
※後の伏線

ウィリー「綿棒のかえおきないかな 先のわただけ全部ないんだ」
アルフ「虫よ、むしがくったの」

綿を食べるアルフ。屋根裏のホコリも食べたらしい(腹がはってぐるぐる言うだけ)。

アルフ「みてこの白さ。これぞコットン。まじりっけなしの純綿100%。一度食べたらやみつきですね」

テレビを消しているのにずっと笑っているアルフ
はーはーはー
ほーほーほー

アルフ「もうちょっと待ってよ」
ケート「アルフ、テレビ消えてるのわかってるの?」
アルフ「テレビなんかみてないよ」
ウィリー「じゃあなんで笑ってた?」
アルフ「なんだか忘れちゃった。俺笑ってた?」
アルフ「みんなで裸になって歌でも歌わない?わぁ、これみて、俺もう裸よ。はァー!」

綿を食べると気分が高揚するアルフ

ケート「もう食べるのやめたら?」
アルフ「何食おうとおれのかってじゃん、え?おばちゃん」

ウィリーがわたをとりあげた
ウィリー「私が持ってて1日少しずつあげよう」
アルフ「わたの配給制に踏み切って歴史に名を残す気だな」

アルフのテンションマックス
ニューヨーク♪

ケート「シナトラの夢をみてたみたい」
たったったらら~♪

アルフはもだえ苦しんでいる?
アルフ「だれかなんとかして。腹かっさばいてでもなんでもいい。早く中のもんとりだして」

アスピリンを飲ませようとするケート
アルフ「俺ってあのふたが開けられない」

アスピリンの蓋(わた)をたべたアルフ

ウィリー「観たぞアルフ」
アルフ「なに?」
ウィリー「今そこの綿を食べた」
アルフ「ブライアンだよ」
ブライアン「ぼく?食べてないよ」
アルフ「食べました。嘘つき。もうあったまきた。いちいちうるさいこといいやがって。さぁこい、この小市民」

ケート「あなた綿中毒よアルフ」

踊ろうとみんなを誘うアルフ
アルフ「あんたら一人踊る度胸ないんだ」
しかし、ぐったりしたアルフ。
アルフ「踊りたくないのに、やっぱり俺っておかしいよ」

食事中

ウィりーの顔を見つめるアルフ
ウィリー「アルフみつめないでくれよ」
アルフ「俺見つめてた?」
ウィリー「あぁ、今もね」

どうしても綿を食べたいアルフ
アルフ「ちょっとだけならいいだろ。これが最後。俺は綿が好き」

ケート「思ったよりひどい状況ね」
アルフ「おめーにゃきいてねぇ」

アルフ「ウィリー俺の親友だろ?サイケなアートに囲まれて一緒に綿食おう」
駄目だと言われると
アルフ「お前は鬼だ!」
ウィリー「綿の下着をもう3枚もくわれたよ」

アルフのためにグループ治療をすることに
リン「ジョンのママもそれでタバコやめたわ。話をきいてもらって」

しかしアルフがみんなの前に出るわけにはいかないので
ウィリー「綿が大好物のしゃべる犬がいるんですっていうのか。わたしがアルフの代わりになるんだろ。他人の前でまたばかな真似をやるのか」
ケート「アルフがきてからすごく演技力がついたじゃない」

アルフ「やった。いいものめっけ」
綿中毒アルフ、ついにアレまで食べようとする
ケート「乾燥器のフィルターよ」
ウィリー「アルフ、そいつをよこせ」
アルフ「ほしいか、じゃとってみな」
アルフ「はぁ~(息を吐く)」
ウィリー「ガレージからスタンガンとってくるんだ」
アルフ「俺の息には毒がある。はぁ~」

グループ治療のメンバーがタナー家へ
※リサ、ロン、ハワードともう1人
アルフ「横に広いのだれ?」
ケートに失礼といわれると
アルフ「食ってばかりいる人はだれ」

太めの人はリサ。たばこがやめられないらしい
青い服でタバコを吸っている女性は拒食症らしい 
潔癖症男はロン

キッチンのアルフの様子をみるウィリー
アルフ「ウィリー、ノックぐらいしてよ」
ウィリー「今布巾を食べようとしてたな?」
アルフ「これ?嗅いでただけよ。そのくらいの自由は俺にもある」

ウィリー「なんでわたなんか食べたいと思うんだ」
アルフ「わかんないよ。たすけてどうすりゃいい?」
一度何気なく食べてみたら病みつきになったアルフ
アルフ「俺の腹にわたをつめこんでくれ、人形みたいに。なんでこっちむいてくれないの?俺の口そんなに臭い?」
※伏線の回収

ウィリーの出身はオハイオ。
3-10ではイリノイ州からきたと言っているが・・・
※潔癖症ロンもオハイオ出身。

キッチンにて

綿中毒中
アルフ「助けてウィリー、怖いんだ」
ウィリー「怖くないよアルフ。わたをたべたいんだろ。どうして食べたいんだ、考えて」
アルフ「今ズボン食べさせて。折り返しのとこ、一口だけ」

淋しい気持ちを告白するアルフ
アルフ「俺の気持ちがわかんの?俺は外に出たいんだよ。外で俺の仲間とあいたいんだ。さびしいんだウィリー。俺家にかえりたい」
ウィリー「わかるよアルフ、とてもよくわかるよ」
アルフ「家族に会いたい。友達にも。ここではやらせてもらえないゲームもしたいし」
ハワードに呼ばれたウィリー
アルフ「やだ、おいてかないでよ。お願い」

アルフ「毎週土曜のおおぐいたいかい。みんなにあいたい。特にロンダにね。やさしいこなんだ。おれがくいすぎたら一晩中はらにのっかってた」
ウィリー「いい話じゃない。いつもメルマックのこと笑ってるのに」
アルフ「それほどたいした星じゃないもん。だけどさだれも仲間がいないってモーレツにさびしいよ」
ウィリー「おなじことは私だって感じる」

アルフ「だけどあんたには家族がいるだろ?エリックにあかちゃんことばでしゃべってるとき、あんたってすごくあほでいいもんね。ああいうの見ると、俺も息子にあほな顔も見せることができないって思っちゃう」
ウィリー「あほな顔なら私たち家族にみせればいいさ。いままでどおり」

アルフも家族だというウィリー
アルフ「でも何かむなしいよ。あんたの家族はあんたのだ。入り込めないよ」

ウィリーのアドバイス
ウィリー「確かにきみはひとりだ」
アルフ「そう」
ウィリー「でも綿を食べたってなんのためにもならないよ。冷静に考えると変なセリフだね」
話てすっきりしたアルフ

アルフ「明日さ、デパート行って下着買っておいで?俺のつけで」

夢にうなされるアルフ
アルフ「綿中毒の後遺症ってしつこいんだねぇ」






日テレドラマ

君の名は。バナー

人気記事

 - 連続ドラマ ,